2017年4月13日木曜日

日本の風土に適した断熱材 セルロースファイバー 三重県みのやの家


全館空調・自然素材の家 みのや白木です。

石油化学製品の断熱材、グラスウール。
高温多湿な、日本の風土に、適していません。
なぜなら、調湿性能が、ありません。
こんな断熱材を採用するのは、
安い、施工が、簡単。以上。
住む人のことが無視されています。
結果、ヒートショックで、
年間1.7万の方がお亡くなりになっている事実。
シックハウスが、無くならない。
これって、建設会社、量産メーカーの責任では?
 又この事に無関心な国の問題だと思います。
26年寿命の工業化されたいえ。
海外では100年以上暮らせる家、
昔の日本では100年は当たり前
そろそろ気づいて欲しいですね〜〜
ゴミのような家は、造らないで欲しいし、
売れるだけの理由で、販売するの
販売犯罪だと思います。 

video

桜 きれい


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。